交通事故 休業補償とは

休業補償とは人身事故【交通事故】で被害者が負傷して仕事が出来なくなり、収入が減る事に対して補償する事、休業損害補償とも言います。
休業損害補償は仕事や給与、仕事の形態により異なります。
勿論、主婦にも休業損害補償が適用されます。

交通事故の影響で仕事ができない状態になる事もあります。
その様な時には、休業損害補償を受ける事が出来ます。お勤めの方も、主婦の方も保証がされるため、保険会社さんへ相談することが可能です。

休業損害補償では、日々のお仕事、給与、仕事の形態(自営業やサラリーマン、主婦など)によって受け取れる金額も大きく異なります。
ご自分の所得や仕事への復帰時期により金額に差があるため、被害者になってしまった場合は特に大切な補償になります。

ベイフロント整骨院&鍼灸院ではキッズスペースもあり、見守りカメラで確認することが出来ます。ベビーカーやお子様連れのママさんも安心してご通院ください。


休業補償について ~ マンガで説明 ~

交通事故 休業補償

自賠責保険で請求できる休業損害補償額は?

■ 基本原則として、1日5,700円

■ 上記より収入が有ると証明できる場合には、1日19,000円が上限

自賠責保険と労災保険を二重で請求はできるの?

 

答えは、出来ません!

どちらも国の制度なため、二重にかぶる事は出来ない仕組みになっておおります。
必ずどちらかを選ぶようになっており、基本は自賠責を進めて来ますが、選ぶのは自由となっております。

いずれにしても計算式等ケースにより、複雑だったりするので、ベイフロント整骨院&鍼灸院にご相談する、もしくは専門の弁護士の先生に相談する等、適正な請求が出来るようにしましょう!当院は、交通事故でお困りな方のお手伝いができる様、万全な体制を常に維持しております。


休業損害補償 職業別計算ケース

1 給与所得者のケース
過去3ヶ月の平均所得に対して決定します。
(基本給+附加給付(諸手当))÷90日×休業日数になります。
これを元に計算してみて下さい。
あと、休業損害証明書や源泉徴収票などの提出が有ります。

2 アルバイト・パート・日雇いのケース
こちらのケースも過去3ヶ月間の平均日給を元に算出します。
日給×事故前3ヶ月間の就労日数÷90日×休業日数
(仕事先等の証明が必要となります)
アルバイトやパートの方も最初からあきらめている方が多くいらっしゃいます。
アルバイトやパートの方も立派な職業です、国から認められております、必ず請求しましょう!給与明細を保険してなければ、仕事先に証明書の再発行をお願いしましょう!

3 家事従事者のケース
主婦の方でも原則的に1日当たり5,700円の上限額で計算します
5,700円×休業日数
休業の考え方は、家事が出来ない日数として考えます。
しかし資料等の照明資料が有る場合は19,000円の上限での請求が可能となります。

良く有る質問に、専業主婦でも休業損害補償は有りますか?と聞かれます。
専業主婦の方も立派な職業です!もちろんです!国から認められておりますので、
必ず請求しましょう!
専業主婦は出ないものと決めつけている方もいらっしゃいます。
その様な方が居たら、教えてあげて下さいね。
確実に請求できます!

4 事業所得者のケース
所得税確定申告を基準に1日当たりの平均所得を算出します。
*確定申告書類が証明書類として必要となります。

交通事故 休業損害

交通事故 休業損害について

 

交通事故による休業損害について説明します。
良く使われる言葉として休業補償が有ります。しかし一般的な交通事故の補填は休業損害になります。何が違うかと言うと、休業補償は労災保険から支払われるもので、休業損害は自賠責保険から支払われるものとなります。
豆知識ですが、覚えておいても損はないでしょう!

交通事故の損害賠償には【財産的損害】【精神的損害】の2つに分類されます。
そして【財産的損害】は【積極損害】【消極損害】の2つに分類されます。
【積極損害】は交通事故によって発生する支出になります、治療費、入院費用、通院交通費等になります。【消極被害】は、もし交通事故に遭わなければ得る予定だった収入や利益になります。
こちらも加害者に請求できるまっとうな権利です、覚えておくと良いと思います。


休業損害補償

任意保険 ~ 自動車保険 ~

 

任意保険とは、強制的に加入する自賠責保険とは違い、加入者が、もしもの為に任意で加入する保険になります。
もしもの事故の時に、自賠責保険では補えない部分を任意保険で対応する事になります。
ちなみに、自賠責保険は他人にケガを負わせた場合のみになるため、加害者が自分の治療費等の補償等にも必要との事で任意保険に入る方」も多々いらっしゃいます
任意保険には最近色々なケースに対応する内容も増えて来ているので、良く補償内容を確認して加入すると良いですね、対人賠償、対物賠償、車両保険等ですね。
備えあれば患いなしですね。


その他の複雑なケース


最後に、後遺障害や死亡損害等も御座います、こちらは必ず専門家(弁護士等)と相談をし、代理人契約をする事を強くお勧めいたします。
かなり複雑な交渉、また精神的ダメージも伴います。
必ず代理人に一任して交渉を進めるのが最善と思います。